引越し侍

引越しの準備が大変なら梱包はおまかせサービスで

急な転勤などで、引っ越しまでの時間がとれない
とか、
高齢者の方のお引っ越し
​など、

引っ越しの事前準備が、とても大変で、当事者手に負えない場合は、

引っ越し前の「梱包」をおまかせサービスでお願いする。
という方法があります。

少し前に、80代の叔母の引っ越しを手伝いました。
叔母は、連れあいを亡くし、80代での一人暮らしとなり、一軒家からマンションへの引っ越しでした。

子供がいなかったので、私たちに迷惑をかけたくないと、引っ越しの準備も全部一人で進めていました。

時間をかけて、物を処分し、最後に家は取り壊す予定だったので、物置の物はそのまま残しましたが、引っ越し前にかなり家の物は減っていました。

それでも、引っ越し直前の準備まで一人でやるのはとても無理。

叔母は、サカイ引越センターで、梱包サービスを利用していました。

​​

私も、引っ越しの手伝いのために、前日夜から泊まり込みでお手伝いに行きましたが、行った時にはすでに、女性スタッフ2人で、梱包作業が進んでいました。

梱包時に残っていたのは、食器類や、布団、衣類などですが、流石、プロの仕事です。
2~3時間ほどで、どんどん、段ボールや布団袋に梱包され、箱には、中の品物が分かりやすくラベルが貼られていました。

運び込んだ後の、荷解きは、急ぐものではないので、必要なものだけ当日にあけ、後はゆっくり荷解きすることができました。

引越しは、なにしろ、体力も使う大仕事です。
できるだけ、荷物を減らし、直前の梱包作業は、プロのサービスにおまかせすることで、体力的にもかなり、引っ越し作業の肉体的負担を減らすことができます。

おまけ。
全部梱包してしまって、いざ寝ようとしたとき、布団がない!ことに気が付き、布団用の袋に詰められた荷物から、慌てて布団を取り出して、寝ました♪

それにしても、80代の叔母が、一人で引っ越し準備。
叔父が生きていた頃、転勤で何度か引っ越しは経験しているとはいえ、叔母さん、頑張ってましたね~

引越し前日には、女性のスタッフが、手早く梱包。

引越し当日は、男性スタッフの方々が、さわやかに、手際よく、荷物を運び出し、あっという間に、運び出し完了しました。

流石なプロの引っ越し屋さん。っていう感じでした。

サカイ引越センター


 

【運営者情報】

引越し見積もりが、ウェブ上で完結できるのないかなあ~と探していたらいいのを見つけたのでご紹介サイトを作成しました。引越しお考えの方のお役に立てると嬉しいです♪

© 2020 引越し 見積もり rss