引越し侍

引越し料金を安くするには

引越し料金は、トラック

「移動距離」などによって決まる運賃

「人件費」などの実費


オプションサービス料金

で決まります。

他に、料金の変動に影響があるのは

「引っ越し日」

です。

一般的に、3月~4月に引っ越しが最も多くなります。
学生の卒業や入学、社会人の就職や、転勤などによって、人の移動が最も多くなる時期だからです。

この時期の、さらに、土日となれば、料金も割高となり、それどころか、早めに決めておかないと、引っ越し業者を選ぶことすらできなくなり、「引っ越し難民」となってしまう可能性もあります。
今居る部屋の退去日が決まっているのに、業者が捕まえられずに引っ越しできない!となったら、一大事です。

引越し料金を安く抑えたいなら、

①荷物を減らす
②引っ越しのピークの時期を避ける

ことが大事です。

基本的に、引っ越しの1ヶ月前くらいまでには、見積もりをとり、引っ越し業者を決めておきたいところです。

同じ条件で、引っ越し業者ごとの料金が分かると、見積もりを出す業者選びもぐっと楽になりますよね。

そこで、おススメなのが

「引越し侍」の「ネット見積もり比較&予約サービス」です。
コチラ↓

引越し侍

見積もりを業者に出す前に、条件を指定して、各社の料金比較をウェブ上で確認することができます。

料金比較のページから、連絡先の情報を入力して、希望の業者を選ぶと、見積もり依頼を出すことができます。

「一括見積」というと、条件を入力した後、対応可能な業者に一括見積依頼を出して終わり。
ということろが、多いですが、
料金比較をした上で、見積もり依頼を出す業者を「自分で選べる」

というのは、とっても便利なシステムですね。

見積もり依頼をする前に、荷物の量とか、引っ越し日とか、あれこれ、条件を変えて、料金を調べることもできます。

今年は、新型コロナウイルスの影響で、引っ越しのピークとなる4月前後に、移動が制限されたため、引っ越しのピークも分散されるのかもしれませんね。
今後のウイルスの状況に応じて、どうなるか不透明な部分もありますが、
もし、引っ越しの予定があるのなら、

「引越し侍」の「ネット見積もり比較&予約サービス」

を利用して、あれこれシュミレーションしてみてはいかがでしょうか。

​ちなみに、こちらのページで、単身、6月、東京~神奈川県 でシュミレーションしてみました。

引越し侍でシュミレーション

 

 

【運営者情報】

引越し見積もりが、ウェブ上で完結できるのないかなあ~と探していたらいいのを見つけたのでご紹介サイトを作成しました。引越しお考えの方のお役に立てると嬉しいです♪

© 2020 引越し 見積もり rss